森の中で結婚式をしてみたいと願っていた花嫁。
実際の森の中での結婚式はいろんなリスクがありますが、都内のイベントスタジオの中に森を作り、二人の夢のウェディングを実現させました★

「STORY~やさしいもり~」

人生はまるで森の中を歩いているみたい
誰かが作った道を進むんじゃなくて
自分らしく…前に前に、自由に歩いて
時々回り道をしたり 近道をしたり
立ち止まったり、急いでみたり
そこで出会った人達から色んなことを教えてもらった
見たもの聞いたもの
影響されたものもたくさんある
そうしてできた、自分だけの「物語」
今日は、大切な人達と一緒にひらいてみる
ゆっくりと時間の流れる
この深くてやさしい森の中で

■Style:披露宴
■Taste:Natural×Stylish×Sweet
■Keyword:森・物語
■Color:グリーン


「やさしいもり」への入り口にはサインピックのウェルカムボード。


5つのドレスショップを廻って出会った運命のウェディングドレス。


ステッチ入りのナフキンもオリジナルで制作!


招待状に入れた「栞」は、ゲストから二人との色々なエピソードを書いてもらいました。


やさしいもりはゲストみんなのこと。そのみんなからブーケのお花を一本一本受け取ります。


可愛い姪っ子がブーケ作りをお手伝い。


和洋折衷のお料理は一品一品試食して選びました。


たくさんの物語がたくさん書かれた「栞」☆


お色直しは大好きなお父さんと!

可愛い姪っ子からバトントワリングのプレゼント★

〆のおもてなしにデザートブッフェ


ゲストに見守れる中退場です!


プチギフトは二人おすすめの「梅干し」

最後はSTAFFとも記念の一枚☆

花嫁さんからいただいたメッセージ

今までお世話になった方々への感謝の気持ちを伝えたい!
だからこそ、規格にはまらない私たちらしいオリジナリティのある結婚式をしたいと思いました。
鶴野さんに依頼をしたのは、以前にプロデュースされた結婚式を見て、ステキだと感じたから。
『緑に囲まれて結婚式をしたい』という希望や、私たちらしい雰囲気づくりなどを形にする提案をしてくださいました。 届いた時にワクワクするような招待状を、披露宴のテーマに合わせて、繰り返し相談をしながらデザインしてもらったり、引き出物やプチギフトも自由に、自分達が気に入ったものを決めることができて良かった。
少しでもゲストの方々との時間がとれるようにと思って決めた演出内容。 思い描いていた雰囲気の中で披露宴は、時間が経つのがあっという間で本当に楽しかった! ゲストから今までに参加した披露宴とは違って、ふたりらしさが良く伝わっ今までお世話になった方々への感謝の気持ちを伝えたい!
だからこそ、規格にはまらない私たちらしいオリジナリティのある結婚式をしたいと思いました。
鶴野さんに依頼をしたのは、以前にプロデュースされた結婚式を見て、ステキだと感じたから。
『緑に囲まれて結婚式をしたい』という希望や、私たちらしい雰囲気づくりなどを形にする提案をしてくださいました。 届いた時にワクワクするような招待状を、披露宴のテーマに合わせて、繰り返し相談をしながらデザインしてもらったり、引き出物やプチギフトも自由に、自分達が気に入ったものを決めることができて良かった。
少しでもゲストの方々との時間がとれるようにと思って決めた演出内容。 思い描いていた雰囲気の中で披露宴は、時間が経つのがあっという間で本当に楽しかった! ゲストから今までに参加した披露宴とは違って、ふたりらしさが良く伝わってきたと言われたのは本当に嬉しかったです。
今までお世話になった方々に、感謝を伝える機会をつくることができて、また、自分がどういう人と家庭を築き、これからを歩んでいくかということを紹介する機会をもうけることができて結婚式をして本当によかったと思います。
披露宴のコンセプトを決めるために、特に時間をかけて繰り返し相談にのってもらい、思い描いていた披露宴をすることができ、鶴野さんには感謝しています。これを着たい!という一着に出逢うまで根気よく一緒にドレス屋さんをまわって頂き、すてきなドレスに出会うことができて幸せでした。
今回携わってくださった装飾・撮影・司会など、それぞれのプロの方々とプランナーさんがお互いにリスペクトしあいながら、みんなが細かいところまでこだわって、ひとつの披露宴を作りあげてくださったことが伝わってきました。
心から感謝しています。ありがとうございました。